セミナー・講習会

トップページ > セミナー・講習会 > 危険物事故事例セミナー

危険物事故事例セミナー

 危険物施設における火災・流出事故件数は、最近最も少なかった平成6年と比較すると依然として高い水準にあります。
 このような状況において、事故がなぜ起きたのか、再発を防ぐための措置はどうあるべきかは、危険物施設関係者や消防職員にとって重大な関心事であります。
 事故の原因としては人的要因、物的要因等があり、事故を防ぐためにはこれらの事故から得られた教訓を生かすことが施設の安全対策に極めて有効ですが、具体的な事故事例に対応した措置について知り得る機会は必ずしも十分とはいえません。
 このため当協会では例年関係消防機関の専門家等を招き、最近国内で発生した危険物に関する事故事例を取り上げ、事故に至った経過、問題点、再発防止対策等についてのセミナー開催し、安全対策の一助としております。


開催時期

開催場所
H29年度の講習会日程等詳細につきましては12月頃に案内予定です。
・東京会場
・大阪会場

受講対象者 特に制限はありません。
受講定員 東京 200名
大阪 200名
受講料 9,180円 (テキスト代・消費税込み)


講習会メニューへ